下記Q&A以外にご質問などございましたら、コチラからお気軽にお問い合わせください。


一般物件に関する質問

部屋探しの準備は何から始めたらよいですか?
部屋探しには、自分や家族にとって何が大切かを決めておくことが重要です。すべての希望を満足させる物件を見つけることはなかなか難しいですから、どのような条件を優先するのかを決めておかないといつまでたっても物件を決められなくなってしまいます。 1)まず、いくらまでの賃料なら無理なく支払えるかということが重要になります。 家賃の理想家賃は手取り収入の30%程度に抑えておくことが賢明だといわれています。 2)その範囲内で、生活やライフスタイルを考慮し、何を優先させるのかを決めておく必要があるでしょう。 最優先事項は、職場に近いことか?あるいは、多少通勤時間はかかっても住環境のよいところを望むのか。予算の範囲内であれば古くても広い物が良いのか?多少狭くても新しい物が良いのか?「バス・トイレ別」だけは譲れない等の条件を決めておかないと物件を探すことが難しくなるからです。 当社は、お客様の色々なご希望条件をお伺いした上で、ご希望により近い物件をお探しするお手伝いをさせていただきます。 是非、ご相談ください。
部屋を借りる時に必要な費用はどのくらいでしょうか? 一度に多額を用意できないのですが。
◇  首都圏の場合、賃貸住宅に入居するには、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。 その内訳は、礼金が2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1.08ヶ月(消費税を含む)、日割り家賃(入居時期によっては前家賃が1ヶ月)です。 礼金や仲介手数料が不要の物件もあります。   ◇ UR賃貸住宅の場合は、入居時に必要な費用は、敷金2ヶ月、日割り家賃、日割り共益費のみです。 敷金は月額家賃の2か月分ですが、礼金や仲介手数料は必要ありません。また、更新料も必要ありません。入居後は1年毎に契約が自動更新(定期借家契約を除く)されますので更新手続きが不要で、長くお住まいになる方には好条件といえます。 鍵交換費用、クリーニング費用といった費用はかかりません。   また、引越し費用や家具等の購入費用もかかります。できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。    

UR物件に関する質問

社宅として法人契約できる部屋はありますか?
当社でご紹介できる[社宅UR賃貸住宅]は、 経費削減 手続きが楽 複数戸割引 など いろいろなメリットがあります。 急な転勤など、大急ぎで社宅の準備をしたい場合も、当社にご相談ください。
部屋を借りる時に必要な費用はどのくらいでしょうか? 一度に多額を用意できないのですが。
◇  首都圏の場合、賃貸住宅に入居するには、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。 その内訳は、礼金が2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1.08ヶ月(消費税を含む)、日割り家賃(入居時期によっては前家賃が1ヶ月)です。 礼金や仲介手数料が不要の物件もあります。   ◇ UR賃貸住宅の場合は、入居時に必要な費用は、敷金2ヶ月、日割り家賃、日割り共益費のみです。 敷金は月額家賃の2か月分ですが、礼金や仲介手数料は必要ありません。また、更新料も必要ありません。入居後は1年毎に契約が自動更新(定期借家契約を除く)されますので更新手続きが不要で、長くお住まいになる方には好条件といえます。 鍵交換費用、クリーニング費用といった費用はかかりません。   また、引越し費用や家具等の購入費用もかかります。できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。    

空き家の管理についてに関する質問

親がなくなり実家が空き家になってしまいました。 ただ、人に売ったり貸したりするつもりはありません。
家は住んでいないと老朽化していきます。また、所有者には営繕義務が生じます。植木の手入れやポストの郵便物の受取り、室内の水周りの通水・封水、外構部の点検や清掃など、定期的に管理する必要があります。 お困りのことががあれば弊社までご相談ください。
親がなくなり実家が空き家になってしまいました。築年数もたっているし、そのまま活用した方がいいのか、壊して処分していいのか判断に迷います。また、どの分野の専門家に聞いていいかわかりません。
家の傷み具合は、建っている土地の形質や形状、使用している建築材、日当り等によって様々です。まずは、切り分けをつける為の調査させて頂き、その後にしかるべき専門家のご紹介、その後のサポートまでお困りのことがあれば弊社までご相談ください。

不動産賃貸についてに関する質問

社宅として法人契約できる部屋はありますか?
当社でご紹介できる[社宅UR賃貸住宅]は、 経費削減 手続きが楽 複数戸割引 など いろいろなメリットがあります。 急な転勤など、大急ぎで社宅の準備をしたい場合も、当社にご相談ください。
部屋探しの準備は何から始めたらよいですか?
部屋探しには、自分や家族にとって何が大切かを決めておくことが重要です。すべての希望を満足させる物件を見つけることはなかなか難しいですから、どのような条件を優先するのかを決めておかないといつまでたっても物件を決められなくなってしまいます。 1)まず、いくらまでの賃料なら無理なく支払えるかということが重要になります。 家賃の理想家賃は手取り収入の30%程度に抑えておくことが賢明だといわれています。 2)その範囲内で、生活やライフスタイルを考慮し、何を優先させるのかを決めておく必要があるでしょう。 最優先事項は、職場に近いことか?あるいは、多少通勤時間はかかっても住環境のよいところを望むのか。予算の範囲内であれば古くても広い物が良いのか?多少狭くても新しい物が良いのか?「バス・トイレ別」だけは譲れない等の条件を決めておかないと物件を探すことが難しくなるからです。 当社は、お客様の色々なご希望条件をお伺いした上で、ご希望により近い物件をお探しするお手伝いをさせていただきます。 是非、ご相談ください。
部屋を借りる時に必要な費用はどのくらいでしょうか? 一度に多額を用意できないのですが。
◇  首都圏の場合、賃貸住宅に入居するには、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。 その内訳は、礼金が2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1.08ヶ月(消費税を含む)、日割り家賃(入居時期によっては前家賃が1ヶ月)です。 礼金や仲介手数料が不要の物件もあります。   ◇ UR賃貸住宅の場合は、入居時に必要な費用は、敷金2ヶ月、日割り家賃、日割り共益費のみです。 敷金は月額家賃の2か月分ですが、礼金や仲介手数料は必要ありません。また、更新料も必要ありません。入居後は1年毎に契約が自動更新(定期借家契約を除く)されますので更新手続きが不要で、長くお住まいになる方には好条件といえます。 鍵交換費用、クリーニング費用といった費用はかかりません。   また、引越し費用や家具等の購入費用もかかります。できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。    
転勤で家を数年間空けることになってしまいます。その間、人に貸そうかと思うんだけど、戻って来たら、自分でまた住みたいし、そんなことは可能ですか?
定期借家として、期限を決めて貸し出せば可能です。入居者の募集などお困りのことががあれば弊社までご相談ください。

助成制度に関する質問

Q、高齢につき行政からの薦めで施設に入ることになりました。疎遠ですが、親族はいます。急なことだったので、 相続のことなどは決めておりません。ただ、空き家になってしまう家のことは心配だし、どうしたらいいでしょうか?
空き家の巡回営繕管理については、当社にでサポートすることは可能です。また、相続についても、弊社には相続アドバイザーの資格保有者が勤務しております。お客様にとって最も良いと思われる方法をお手伝いさせて頂ければと思います。お困りのことががあれば弊社までご相談ください。